神明宮例大祭
【岡崎市】
開催日 : 2018年5月12日(土) ~ 2018年5月13日(日)
  • 神明宮例大祭
能見神明宮例大祭は江戸中期から続く祭礼で、8輌の山車によるお囃子や踊りが披露されます。岡崎三大祭りの一つで、「神明さん」の愛称で多くの人々に親しまれています。みどころは御神輿渡御と山車町曳き・宮入り。御神輿渡御は御神体を御神輿に移し、氏子の11ヶ町を巡る祭礼の重要な神事で、江戸中期から現在も引継がれています。数百メートルに及ぶ行列は平安絵巻を彷彿とさせます。山車町曳きでは各町独自のお囃子を奏でながら氏子町内を曳き回し、辻々で山車から舞台が引き出されて披露される踊りで祭りはいっそう華やぎます。祭りのクライマックスは山車宮入り。8輌の山車の提灯が一斉に点灯し、お囃子の音を響かせながら氏子各町を巡り、揃って神明宮に向かいます。

フォトギャラリー

Photo

  • 神明宮例大祭
  • 神明宮例大祭
  • 神明宮例大祭

おまつりの概要

Overview

開催日 2018年5月12日(土) ~ 2018年5月13日(日)
開催時間 1日目(土曜日)10:30~21:00
2日目(日曜日)7:30~21:30
開催場所 神明宮(岡崎市元能見町42-1)
駐車場
電話番号 能見神明宮(0564-22-6706)
山車の数 8

アクセス・地図

Access / Map

電車でのアクセス ・名鉄「東岡崎」駅下車。
 名鉄バス(北口4番のりば)乗車、「神明社前」下車、徒歩3分。
・JR「岡崎」駅下車。
 名鉄バス(東口2番のりば・東岡崎行き以外)乗車、「神明社前」下車、徒歩3分。
車でのアクセス 東名高速道路「岡崎」出口より約8分。
Google Mapで開く