尾張津島天王祭
【津島市】
開催日 : 2018年7月28日(土) ~ 2018年7月29日(日)
  • 尾張津島天王祭
【600年続く、幽玄かつ絢爛豪華な夏の祭礼】
7月第4土曜日とその翌日に行われ、それぞれ宵祭、朝祭と呼ばれています。舟の山車行事であることに特色があり、祭舟は「車楽(だんじり)」と呼ばれます。宵祭は、旧津島5カ村の米之座、下構、堤下、筏場、今市場5艘が屋台の上に半円、山型に400箇あまりの提灯を飾り、中央高く立てた真柱には、平年は12箇、旧暦うるう年には13箇の提灯を掲げたまきわら船で、川面に浮かび幽玄的な世界へ誘います。朝祭では、市江車と称する旧市江村から出る車楽舟を先頭とし、装いを新たにし能人形が飾りつけられた車楽舟5艘とともに天王川をのぼります。途中、市江車から10人の下帯姿の若者が鉾を持って次々に川に飛び込み、舟より先に着岸し、御旅所の神輿に参拝します。続いて車楽舟から児(ちご)が上陸して、警固役の肩車に乗って御旅所に参拝し、神輿を還御供奉して津島神社に行き、拝殿における神前奏楽に至る一連の様は人々を絢爛豪華な世界へ誘います。津島神社の祭礼として600年近く続く天王祭、永禄元年(1558年)織田信長が現在の御旅所付近で朝祭を見学したという記録が残っています。

フォトギャラリー

Photo

  • 尾張津島天王祭
  • 尾張津島天王祭
  • 尾張津島天王祭
  • 尾張津島天王祭
  • 尾張津島天王祭

おまつりの概要

Overview

開催日 2018年7月28日(土) ~ 2018年7月29日(日)
開催時間 7/28(土)宵祭:18:00~
7/29(日)朝祭:8:40~
開催場所 津島神社・天王川公園(津島市神明町1番地・津島市宮川町1丁目地内)
駐車場
電話番号 0567-28-8051((一社)津島市観光協会)
0567-24-1111(津島市建設産業部産業振興課)
0567-55-7137(愛西市教育委員会生涯学習課)
山車の数 6

アクセス・地図

Access / Map

電車でのアクセス 名鉄津島線津島駅下車、徒歩約20分
車でのアクセス 東名阪自動車道「弥富IC」から約15分。
または東海北陸自動車道「尾西IC」から約35分
Google Mapで開く